パッチリ二重が欲しい人のための埋没法講座

施術する前に知っておきたい埋没法の成功例、失敗例

施術する前に知っておきたい埋没法の成功例、失敗例

埋没法に興味がある人やこれから埋没法を行おうと思っている人にとって、実際に体験した人の経過や成功例、失敗例というのはとても参考になる情報ですよね。 埋没法はメスを使わない方法ですので、失敗をする可能性は比較的低いと言えます。美容整形の技術が日々進歩している現在は、痛みや腫れを最小限する工夫などもあり、成功する可能性は高いと言えるでしょう。
腫れや通常の生活に戻るまでの時間(ダウンタイム)も短く、大きな負担なくできる手術法です。

埋没法の成功例

埋没法を行ったことによって、「自身の目のコンプレックスを解消することができた」、「メイクの時間が短くなった」、「スッピンにも自信を持つことができるようになった」という意見が多くあります。
切るわけではない理没法では、手術の跡もほとんど残らないので、手術がうまくいけばもともと二重だったように馴染んできます。自然な二重を手に入れることができるでしょう。

安全な手術と言っても失敗する可能性が100%というわけではありません。失敗やトラブルなど他の手術と比べると少比較的少ないですが、失敗が一切ないというわけではありません。
では、一体どのような失敗が考えられるのでしょうか。

埋没法で考えられる失敗例とは

1.左右で差が出ることがある

目の形は左右でもともと違うことがほとんどです。埋没法の手術を行っても多少の違いはどうしても出てくるものですが、あまりにも違うという場合や、手術した後1ヶ月経っても左右差があり、揃わないという場合は、修正できるのかどうか医師に相談するようにしてください。

2.希望のラインにならなかった

埋没法の手術をして、予定していた二重の幅から大きくずれてしまうというようなことはほとんどありません。きちんと希望を伝えていればなおさらです。希望のラインから大きくずれている、予定外の二重の幅になってまったという場合は、修正できるか相談してください。
ただ、手術した後しばらくは腫れやむくみなどがあって、本当のラインが分からないので、術後1ヶ月は様子を見るようにしてください。

3.手術の跡が目立つ

埋没法の技術がどんどん上がっている今、時間がたつと手術の跡はほとんど見えなくなります。ですが、まれに手術の跡が大きく残ってしまうと、目を閉じた時に整形をしているということがすぐにわかってしまうことがあります。修正できるかどうか相談しなければなりません。

4.まぶたに糸のふくらみが出ることがある

埋没法では糸をまぶたの皮膚の下に埋め込むので、結び目が膨らんでまぶたに糸のふくらみが出ることがあります。これは技術的な問題や体質的な問題が関係しています。

術後一ヶ月前後がふくらみが出やすい時期ではあるのですが、その後目立たなくなっていきます。しかし、1ヶ月経ってからもポコっとしたふくらみがなかなか消えないという場合は目を傷つけてしまう可能性もあるので、クリニックにいって対処してもらうようにしましょう。

埋没法には以上のような失敗例があります。
もし気に入らない二重になってしまった場合でも、埋没法であれば糸を抜くことで元に戻すことができますが、お金を払って手術するわけですから、出来れば失敗は避けたいものですよね。

トラブルや失敗を避けるためには、医師と事前に納得いくまで話し合うことが大切です。カウンセリングの時に医師と意思疎通がきちんとできていないと、自分が思い描いているイメージが伝わらなかった…ということになりかねません。
埋没法をすることで、自分がどのような目になりたいと思っているのか、どのような不安があるのかなどを事前にクリニックや医師に伝えることが失敗を防ぐために大切になります。
成功だけでなく、失敗することもあるのだということも頭にいれておいてください。