パッチリ二重が欲しい人のための埋没法講座

埋没法の料金。留め方、留める点数によりどれくらい違いがでる?

そもそも二重ってどんな状態? 一重、奥二重との違いとメリット、デメリット

二重ってどのような構造?

埋没法の料金について知っておこう

埋没法の手術は他の整形手術と比較して低価格です。比較的手ごろな値段で受けることができる手術であることから、二重にしたいけどお金が…と悩んでいる方にもおすすめの方法であると言えます。
埋没法というのは、糸を通して上瞼に固定して二重をつくるというものですが、埋没法も糸をいくつ留めるかによって料金が変わってきます。
糸で留めるポイントが多いほど二重が取れにくくなるので、留める数によって料金は高くなってきます。
同じ手術内容でもクリニックによって料金が違うということあります。

いろいろなクリニックを調べていると料金に開きがあり、どれぐらいが相場なのか、安いのか高いのか良く分からないという人も少なくないと思います。クリニックによって大きな差があるので、おおよその相場ですが、いくつかのクリニックを参考にした結果、埋没法手術の料金の大体の相場は以下のようになります。/p>

  • ・1点留め→両目で60,000円前後
  • ・2点留め→両目で100,000円前後
  • ・4点留め→両目で150,000円前後
  • ・6点留め→両目で150,000~200,000円前後

埋没法の手術を行う人の中でも2点留めは人気があり、高いクリニックでも両目で100,000円あれば手術を受けることは可能です。クリニックによっては初回限定で割引をしてくれるところなどもあります。

クリニックによって料金が大きく違うのはなぜ?

糸を何点留めるかによって料金が変わるのは分かるけど、同じ手術内容なのにクリニックによって料金に大きな違いがあるのはどうしてなのか気になる人も多いと思います。
それは美容整形が自由診療であるということが大きく関係しています。自由診療ということは、料金をクリニックごとに自由に設定できるからです。

手術を受ける側からすると、安いほうが良いと思ってしまいがちですが、安ければ良いというわけでもありません。
美容整形が手軽に受けられるようになり、患者さんも増えているので患者さんをたくさん受け入れることで利益を伸ばそうと考えるクリニックもありますので、そういったクリニックで埋没法の手術を受けても思い通りにならず後悔してしまうことがあります。
料金が高くても、糸がとれてしまった時や二重が完成したときに気に入らなかった場合に、無料で修正することができる1年保障や永久保障などが手術料に含まれていることもありますので、きちんと確認しなければなりません。

手術内容と料金をきちんと調べること

手術内容と料金をきちんと調べること

埋没法だけでなく、二重の手術を行いたいと考えているのであれば、手術を行う前に料金をきちんと確認するようにしましょう。料金の中に、カウンセリング代、麻酔代、薬代などが含まれているのか、それとも別でかかるのかということも確認しておくようにしてください。
麻酔代などは手術料に含まれているクリニックがほとんどですが、中には含まれていないクリニックもあります。クリニックのHPを見ただけでは詳しい料金が分からないことも少なくありませんので、電話で問い合わせて確認するか、実際に足を運んで確認するようにしましょう。

料金と一緒に手術内容もしっかり確認するようにしてください。埋没法には大きく瞼板法と挙筋法があり、クリニックによって扱っている術式が違ったりします。それぞれにメリット・デメリットがありますし、まぶたによってどちらの術式が良いかということも違ってくるので、料金だけでなく手術内容もきちんとチェックしたほうがよいでしょう。