パッチリ二重が欲しい人のための埋没法講座

美容外科クリニックによる埋没法の名前が違う理由は? 費用の違いも検証

美容外科クリニックによる埋没法の名前が違う理由は? 費用の違いも検証

埋没法を行っているクリニックはたくさんありますが、埋没法について調べていると美容外科クリニックによって埋没法の名称や費用が違うことが少なくないということが分かってくると思います。

埋没法の名称と費用が違う理由

埋没法が誕生してから、二重まぶたの整形はプチ整形として気軽に行われるようになりました。
二重の手術をしたいと考えている方にとってはおすすめの方法ですが、クリニックによって名称や費用が違うと、一体どのクリニックでどのような方法でやれば良いのか分からない…ということになりますよね。

埋没法の名称がなぜ違うか、おおよその相場はどれぐらいなのかをまずは知っておくようにしましょう。そうしないと、無理に高い手術をすすめられてしまうという可能性もあります。

埋没法の名称について

名称が違う理由について、これは美容外科など自由診療を行っているクリニックは、名称に関しても自由に決めることができるからです。
埋没法に限ったことではなく、たとえば美容整形施術のひとつであるたれ目形成術は、クリニックにより、「下眼瞼下制術」「グラマラスライン」などと呼ばれています。
「グラマラスライン」はその施術を行うとどんなイメージになるかを患者さんに想起させるような名称ですね。

埋没法では、一例を挙げると、湘南美容外科クリニックの埋没法だけで「ナチュラルベーシック法」「クイックコスメティーク法」「フォーエバー二重術」他に3つ、計6つの名称がホームページから確認できます。
品川美容外科であれば、「スーパークイック法」、大塚美容形成外科では「イージースクエア埋没法」などと呼ばれています。

埋没法の手術の方法自体は多少の違いはありますが、基本的には同じです。クリニックにより極端に変わったことをしているわけではありません。

美容外科クリニックよる埋没法費用の違い

前提として、費用が違う理由はズバリ自由診療だからです。保険診療の点数と違い、クリニックが自由に患者さんに請求する料金を決められます。
いくつかのクリニックの埋没法の金額や名称を比較してみましたので、参考にしてください。※表示金額はどのクリニックもすべて税抜きになります。

●高須クリニック

・埋没法(クイック法) 片目:50,000円 両目:90,000円
・埋没法(二針固定)  片目:90,000円 両目:170,000円
二針固定というのは、糸が緩んで元に戻りやすいまぶたの人や平行型二重を作りたい人のために開発された方法で、高須クリニックで通常行われているクイック法より二重のラインをしっかりと作ることができる方法になります。 こちらの方法は、東京、横浜、名古屋、大阪医院のみで行われている埋没法です。

大塚美容形成外科

・イージースクエア埋没法(1点留め) 片目:30,000円 両目:60,000円
イージースクエア埋没法というのは、大塚美容の埋没法の中でも腫れを抑えることができる手軽な埋没法になります。
・ナチュラル埋没法 片目:75,600円 両目:126,000円
大塚美容形成外科でもっとも多く行われているまぶたの裏を糸で2点留めて二重をつくる術式です。

イセアクリニック

・埋没法(保証なし) 片目:39,000円 両目:69,000円
・埋没法(1年保証あり) 片目:55,000円 両目:92,000円
心臓外科手術に使う極細糸を、二重手術用に特別注文でイセアクリニックにて改良して使用しているそうです。

他にもクリニックはたくさん存在しますが、いくつかピックアップしてクリニックの埋没法の名称や金額について紹介しました。

それにより金額にも差が出てくるので、まずは患者さん自身が二重の仕組、名称の違いはなぜなのかを知り、納得した上で手術を受けるようにしてください。