パッチリ二重が欲しい人のための埋没法講座

二重とはそもそもどんな状態? 一重、奥二重との違いとそれぞれのメリット、デメリットとは

そもそも二重ってどんな状態? 一重、奥二重との違いとメリット、デメリット

二重ってどのような構造?

日本人は二重に憧れる人が多いですが、二重とはどのような構造なのでしょうか。本当は二重なのに、奥二重に見える、眠そうに見える、一重に見えてパッチリしていないなど、まぶたに関する悩みはいろいろとあると思いますが、二重とはどのようなものなのか、一重や二重にはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

人はまぶたを開くときに上眼瞼挙筋という筋肉を動かして、まぶたを開きます。この筋肉の一部は、目の縁を構成している部分や目の縁より上側のまぶたにひっついています。二重まぶたは、目の縁より上側のまぶたの皮膚についている上眼瞼挙筋が、上側の皮膚を引っ張ることで皮膚が内側に折られて作られます。

その他、まぶたの脂肪が少ないことによっても二重になると言われています。脂肪が少ないということは皮膚が薄いということなので、まぶたにたるみが出来て二重になります。まぶたを開くときに、皮膚に力が与えられるのですが、皮膚が薄いとその皮膚が折れ曲がり二重になる仕組みとされています。

一重と二重の違いについて

その反対で、一重まぶたは目の縁より上側の皮膚と筋肉のくっつきが弱いか、筋肉に皮膚がくっついていないかになります。そうなると、皮下脂肪によって皮膚が折れ曲がりにくくなってしまうので、二重にならず一重まぶたになってしまうわけです。

一重と二重の違いは、簡単に言うと二重のラインが形成されるかされないかなのですが、一口に二重と言ってもさまざまな種類があります。二重というのは大きく、平行型の二重、末広がりの二重、奥二重の3つに分けることができます。平行型の二重というのは、二重の幅が比較的広く一定している二重、末広がりの二重というのは、目尻に行くにつれて二重の線がくっきりしてくれる二重、この二重とは違って二重の線が全体的に皮膚の内側に隠れて見えにくくなってしまっている二重が奥二重です。

日本人の一重と二重まぶたの正確な割合というのは分かっていません。年齢を重ねると二重になった、メイクでアイプチなどを使用して二重にしているという人もいるので、二重が5割一重が5割という話しもありますが、美容外科医の意見では、日本人は男女ともに一重が7割、二重が3割ほどと、二重の人のほうが少ないという意見もあります。

二重、奥二重、一重それぞれのメリット・デメリット

二重、奥二重、一重はそれぞれ筋肉や脂肪によって変わってくるわけですが、目元が違うと印象というのはそれほど変わるものなのでしょうか。最初に日本人は二重に憧れる人が多いと言いましたが、やはりはっきりとした二重のほうが目が大きく優しい印象に見えるというような理由があるようです。メイクをそれほどしなくてもパッチリした目元で可愛く見せることができるというのも二重のメリットでしょう。

奥二重や一重の場合、クールさやさっぱりとした印象や人によっては地味という印象を与えてしまうこともあります。メイクをしても二重まぶたが内側に隠れてしまっているので、アイラインやアイシャドーを上手く引けなかったり、引いても目元がさらにきつく見えてしまったりする場合もあります。一重や奥二重の人はメイクをする時の悩みを抱えている人も多いです。

一重だとキリッとした涼しげな目元の印象を与えますが、人形のようなかわいらしい印象を与えてくれる二重のほうが良い、二重になりたいと感じる人のほうが多いようですね。
ただ、小さい時に一重であっても、年齢を重ねてから二重になるということもあります。年齢を重ねるごとに、まぶたの脂肪が減って皮膚が薄くなることが原因と言われているのですが、小さいときに一重だから一生一重というわけもありません。
二重でも奥二重でも一重であっても、それをメリットととるかデメリットととるかは自分次第と言えるかもしれません。